【経験者おすすめTOP3】ITコンサルタント転職に強い転職エージェントと3つの選ぶ基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【経験者おすすめTOP3】ITコンサルタント転職に強い転職エージェントと3つの選ぶ基準

ITコンサルへの転職を考えている人

ITコンサルへの転職を考えている人

ITコンサルファームに転職する際におすすめのエージェントを教えて!

ITコンサル経験者である私が厳選したおすすめトップ3の転職エージェントは下記です!

本記事ではこれらエージェントがおすすめの理由を以下の順番で説明します。

プロフィール

コンサル転職を考えている方

カラクリ
  • 総合系コンサルファームに5年間勤務。
  • 転職活動は3回経験。ITコンサルの経験もあり。
  • 現在は地方の中小コンサルに勤務中。

詳細プロフィール

こんなコンサルファームの内情も知っていて、コンサル転職も経験済みの私が解説します。

なお、ITコンサルになりたいというより、総合コンサルファームに転職したい方や、コンサル以外も視野に入れて転職したい方は、下記の記事も読んでみてください!

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントに明確な定義はないのですが、ざっくり言うと、解決策がIT関連になる経営課題を解決する仕事、です。

ITコンサルタントの案件の具体例

と言ってもイメージがわかないと思いますので、案件の具体例をお伝えします。

やはり多いのは、システム要件定義やシステム開発などの支援です。

ITコンサル案件の具体例①システム要件定義

昔に導入した基幹システムが今の会社の状況に合わなくなってきたので、現状に合わせたシステムに再構築を行いたい。

システム開発工程の支援ですと、PMOの立場で入ることが多いです。

ITコンサル案件の具体例②PMO

管理会計システムを導入する。規模が大きく、社内の人材だけでは日々発生する課題をさばききれないので、サポートしてほしい。

他に、ITガバナンスを効かせるためのルール作りや、IT部門の組織改革もIT系案件に入れる場合もあります。

ITコンサル案件の具体例③ITガバナンス

社内のシステム開発でよく炎上してしまうので、フェーズゲート管理を強化したい。フェーズゲートをどんなタイミングで入れて、どんな項目をチェックすればよいかを決めたい。

ITコンサルタント部隊のいるファーム

アクセンチュア、ビッグ4(デロイト、PwC、EY、KPMG)、アビーム、ベイカレント…

あたりは有名ですね。

最近は戦略ファームもDXコンサルとしてITに力を入れていますね。BCGデジタルなんかもITコンサル部隊と言ってもいいかもしれません。

ITコンサルタントになりたい方は、上記のファームを狙って転職活動をしましょう。

ITコンサルタントの働き方や残業時間

戦略コンサルよりは残業時間は短いと良く聞きますが、それでも大変な時は大変です。

私が以前アサインされたITコンサル案件(炎上)の残業時間は下記の通りです。

  • 12月:100時間
  • 1月:140時間
  • 2月:200時間
  • 3月:180時間

働き方は、

  • 平日・・・1月くらいからは日を跨ぐ前に帰った日はほとんどなし
  • 休日・・・土日の片方はほぼなし。忙しい時は土日両方とも仕事

こんな感じでした。

ただし暇な時は暇です。普通に残業ゼロ時間(というか残業時間マイナス)の期間もあります。

ネット上ではどうしても激務の内容が拡散されやすいですが、暇な時の話や、全体感については、【実態暴露】コンサルファームの残業時間【転職前に知るべき】で解説しています。

また、一日の働き方のイメージをつけたい方は、【コンサル経験者が語る】ITコンサルタントの一日の流れ【炎上気味】をチェックしてみてください。じゃっかん炎上している際の一日を書いていますが、どの案件でも一時的にこれくらいの忙しさになる時はあるかと思います。

ITコンサルタントの将来性

未来のことなので確実なことは言えませんが、コンサル業界の中でも特に将来性はあると思います。

特にDXと呼ばれる領域でコンサルニーズが大きく増加しているからです。コロナでDXが大きく加速しましたからね。

デロイトが現在の4,000人から5年後に1万人の増員を目指すことを発表したことは有名ですね。増員が必要な理由を次のように述べています。

採用市場のパイが大きくなったわけではない。しかしデジタル技術の進展が加速度的に進み、DX(デジタルトランスフォーメーション)でより効率性の高いビジネスモデルに置き換えるという市場の再定義が起きた。そうした中で、デジタルのバックグラウンドがある人材のニーズが爆増しているわけです。

引用元:デロイトのコンサル採用責任者が初激白、「5年後に1万人」大増員計画と人材引き止め策の全貌

大量採用を始めたからコンサルはもうオワコンみたいな話を時々聞きますが、しょうじきロジックはよくわからないです。

もちろん蓋を開けてみないとわからないですし、詳細に予測するならちゃんとした市場調査は必要ですが、もと中にいた人としては、まだまだ伸びると思います。

とはいえ、永遠はありえませんから、コンサルに入りたいと考えている人は、市場が伸びてて入りやすく、また給料も伸びやすい今のタイミングで転職するのが良いかもしれません

ITコンサルタントへの転職プロセスの特徴

ITコンサルタントへの転職プロセスの特徴

さて、将来性もあるITコンサルになるためには、当たり前ですが選考を通過しなければなりません。内定確率をあげるために、ITコンサルへの転職プロセスの特徴を押さえましょう。

ITコンサルへの転職プロセスの特徴
  • 回答に論理性が求められる
  • 必要なのは課題解決の経験
  • フェルミやケースなどはほぼ聞かれない

戦略コンサル等と違い、フェルミやケースはあまり出ませんが、一般質問への回答にコンサルタントで活躍できるレベルの論理性が求められます。

また、ITコンサルの転職で〇〇の資格は役に立ちますか?とよく聞かれますが、資格はほとんど役に立たないです。プログラム言語スキルもそこまで役に立たないです。

重要なのは、前職で自分で考えて実行した課題解決の経験。これを論理的に説明できるかどうかです。

この特徴を頭に入れながらコンサル転職の準備を行いましょう。

参考

フェルミやケースは、ITコンサルであっても出題される場合があります。

最新の情報や詳細の情報はエージェントに確認するようにしましょう。

ITコンサルタントへの転職に強いエージェントの基準

ITコンサルタントへの転職に強いエージェントの基準

転職プロセスの特徴を踏まえて、以下の点をよく比較検討しましょう。

ITコンサルへの転職に強いエージェントの基準
  • 一般質問への面接対策がしっかりしているか
  • ITコンサルへの転職実績は十分か
  • 自分との相性は合うか

特に重要なのは一点目です。

というか一点目さえ自身で対策できるのであれば、エージェントは使う必要がほぼないです。
(エージェントを使わないと、志望先とのメールやり取りが面倒、非公開求人にアクセスできないなどはありますが、そこまで重要なポイントではないです)

一般質問への面接対策とは、話す文章の添削はもちろん、模擬面接のことです。

実際に話してみないとわからない部分はありますからね。

ITコンサルタントを目指す方におすすめの転職エージェント

ITコンサルタントを目指す方におすすめの転職エージェント

ITコンサルへの転職に強いエージェントの基準を踏まえると、おすすめランキングTOP3は下記です。

それぞれ解説します。

[1位]アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

ITコンサルに強いコンサルエージェントと言えばここです。

おそらく、全エージェントの中でトップだと思います。

役員やキャリアアドバイザーの経歴を見るとわかりますが、戦略ファーム出身者よりは、総合ファームやITコンサル、SIer出身者が多いです。

それだけITコンサルに関する知識が豊富ということです。

非公開求人も全体の77%を占めており、アクシスにしかない選考ルートを持っているようです。

アクシスコンサルティングの基本情報
一般質問対策
ITコンサルへの転職実績
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
設立 2002年4月
公開求人数 非公開
非公開求人数 全体の77%
料金 無料
【アクシスコンサルティング】の無料相談に申し込む

[2位]JACリクルートメント

JACリクルートメント

英語を活かす仕事や、外資系企業への転職に強いエージェントです。

英語力を活かした仕事がしたい・外資系企業に転職したい、という中でコンサルも見ている、という方にはオススメのエージェントです。

ITコンサル部門が必ずある総合コンサルファームとのコネクションが強いこともあり、面接の過去問だけでなく、面接官の人柄なども教えてくれることがあります。

そのため安心して面接に臨めます。

IT系が強くて有名なアクセンチュアには年間100名送り込むなど実績も豊富です。

JACリクルートメントの基本情報
一般質問対策
ITコンサルへの転職実績
運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
設立 1988年3月7日
公開求人数 15,000
非公開求人数 全体の60%
料金 無料

[3位]リクルートエージェント

リクルートエージェント

言わずもがなの業界最大手です。

その規模の大きさから、特にコンサル転職に特化しているわけではないですが、コンサルファームへの転職者数も非常に多いです。

実際、コンサル転職専門の部隊もいるため、他の専門エージェントと引けを取らない対応らしいです。

私も、過去に転職活動を行った際にちょっとだけ利用していました。

リクルートエージェントの基本情報
一般質問対策
ITコンサルへの転職実績
運営会社 株式会社リクルート
設立 1960年
公開求人数 非公開
非公開求人数 10万件以上(2020年8月時点)
料金 無料
【リクルートエージェント】の無料相談に申し込む

最適な転職エージェントを活用してITコンサルタントを目指そう

以上、いかがでしたでしょうか?

ITコンサルになるのは大変ですが、しっかりと準備・対策をすれば難しくありません。

本記事で紹介した転職エージェントを活用してITコンサルタントを目指しましょう!

本記事で紹介した転職エージェントを再掲しておきます。

おすすめランキング 1位 2位 3位
エージェント名

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

JACリクルートメント

JACリクルートメント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

一般質問対策
ITコンサルへの転職実績
エージェント個人と
自分との相性
実際に会って確かめてみましょう 実際に会って確かめてみましょう 実際に会って確かめてみましょう
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント 株式会社リクルート
設立 2002年4月 1988年3月7日 1960年
公開求人数 非公開 15,000 非公開
非公開求人数 全体の77% 全体の60% 10万件以上(2020年8月時点)
料金 無料 無料 無料
無料相談申し込み
【アクシスコンサルティング】
無料相談に申し込む
【リクルートエージェント】
無料相談に申し込む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。