【転職|選考体験談|40・50代】EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)|二次面接

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【転職|選考体験談|40・50代】EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)|二次面接

EYへ転職活動をした方からお話を伺えたのでまとめます!

転職者のプロフィール

転職者

転職者
  • 当時の年齢:40代~50代
  • 受けた時期:2016年頃
  • 最終学歴:公立大学博士課程修了
  • 職歴:建設業⇒修士課程進学⇒金融機関⇒証券会社⇒物流会社(取締役)⇒博士課程進学
  • 転職のきっかけ:博士号取得時にコンサルファームの知人に誘われたため

だいぶ特殊な経歴だとは思いますが(笑)、参考にはなると思いますのでぜひ読んでみてください!

なお、本記事は二次面接(最終面接)の内容をまとめています。

一次面接までの内容は下記の記事を読んでください。

選考結果まとめ(二次面接)

受けた部門 エネルギー系の部門
入社後の予定職位 シニアマネージャー~ディレクタークラス
選考の流れ

書類

面接(2回)
※Webテストはなし

二次面接の面接官 ディレクター1名、シニアマネージャー2名
二次面接の内容
二次面接の結果 選考突破!&内定

以降、上記内容を深堀します!

あと、もちろんですが、面接内容はうろ覚えの箇所もあると思うので、実際のやり取りとちょっと違う場合もあります。

ご注意くださいね。

★★報酬約4,000円/社★★
あなたの転職経験を教えてください

コンサルファームへの転職活動のアンケートに回答いただけましたら、1社あたり約4,000円お支払いいたします。
内定をもらってなくても面接まで到達していたら受け付けます。
アンケートの所要時間はたった1時間ほど。 クラウドワークスで募集していますので、以下のボタンからお申込みください!
なお、各ファーム数名のみを予定しています。興味のある方はお早目に申し込みください。

クラウドワークスの仕様で募集期限を設けていますが、枠が埋まるまでは何度も募集する予定です。
今後選考を受けた際にも再度募集ページを確認してみてください。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)とは

EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)とは
総合ファームであり、Big4の一角です。
みなさんEYって呼んでますね。

Big4のコンサルファーム

EY、デロイト、PwC、KPMG

2017年と2020年に組織再編をして今の会社名になっていますが、転職者として注目すべきは、給与水準の改善でしょう。

元々EYはBig4の中では給与水準が低く、良い人材が集まにくかったのですが、デロイトの元トップが2019年にEYに移籍して立てた成長戦略『プロジェクト・ドラゴン』により、大幅に給与水準が改善されました。

過去にEYは業界標準より低い水準にありましたが、それはここ1,2年でキャッチアップしてきています。専門領域によって多少の差はありますが、現在では競合他社と変わりない給与水準で、領域によっては他社を超えるオファーにより、トップティア人材の獲得が進んでいます。

EYコンサルティングの成長戦略近藤聡社長インタビュー

伸びている会社の方が入りやすいし、入社後の昇格も早くなるも思います。
給与水準も悪くないなら狙い目ですね!

カラクリ
カラクリ

EYSCの選考の流れ

今回の転職者が受けた際は下記でした。

EYSCの選考の流れ
書類選考

面接(2回)

内定

※Webテストはなし

注意点としては、今回の転職者はシニマネなどの上位クラスとして選考を受けていること。
20代や30代前半などのいわゆる若手クラスだと選考の流れが異なる可能性があります。

実際、EY採用ページによると、社会人3年目程度までの第二新卒枠だと、書類選考の後にWebテストがあります。

ネットで調べると、テストの種類はGABとのこと。

(出題するテストの種類は変わることもあるので、必ずエージェントに確認するようにしましょう)

対策したい方は以下の書籍がおすすめです。

≫参考:【中途向け】コンサル転職のWebテスト・筆記試験対策【王道11社の種類も解説】

EYSCの二次面接の体験談

EYSCの一次面接の体験談

二次面接は以下の流れで進んでいきました。

それぞれどんなやり取りがあったのか、会話形式で書いていきます!

だいぶ異色な経歴で一般質問への回答をそのまま書くと個人が特定されかねないのでだいぶぼかして書いてます(笑)

自己紹介

面接官はディレクターが1名とシニアマネージャーが2名の計3名だったみたいです。

一次面接と同じ構成ですが、違う人だったそうです。

面接官
面接官

自己紹介をお願いします

では、大学卒業以降のキャリアを説明します。新卒で建設会社に入社して、××などを担当しました。その後、金融機関に転職しまして、そちらでの主に×××。さらに、証券会社にも転職したのですが、×××。その後物流業では取締役に就任しまして、×××。

転職者
転職者

だいたい5分くらいで話したそうです。

一般質問:博士論文の内容はEYの業務にどう活かせるか

面接官
面接官

博士課程では〇〇の論文を書いていますが、当社の業務にはどう活かせますか?

これは自己PR系の質問ですね!若い時の転職でも博士課程に進学していたら、同じ質問があるかもしれません。

はい。物流・倉庫業のような装置産業では、〇〇の知識が重要です。御社で調査・コンサルを行う際にこの知識を活かすことができると思います。

転職者
転職者
面接官
面接官

なるほど。他にはありますか?

研究を通じて、行政が××について実態と異なる解釈をしている場合があるとわかりました。調査・コンサルを行う際は、この実態を専門家を通じて調査するのが良いと思います。

転職者
転職者
面接官
面接官

では、△△の論文の内容で、当社の業務に活かせる部分はどこですか?

決算書の〇〇の勘定科目を見ることで、一次面接でも話に出ていた××投資をどう考えているかの仮説を立てることができると思います。

転職者
転職者

そのまま案件に活かせる論文を書いてるのは羨ましいですね。。

特に追加質問などもなかったそうですが、個人的には、通常の(リファラルではなく、若手選考の)面接でこの回答だとちょっとキツいかな…と思います。

「なぜ大学院進学のために銀行が良いのか?」などの質問に答えられない回答になっているからです。
(正確には、知人の助言に従った、ということだと思いますが、それだとちょっと弱い)

面接では、論理的思考力と説明力が見られています。
これについて、外資系OLうさぎのちょこさん(@ChoConejito)が的確に表現してくださっていました。

(HUNTER×HUNTER好きならわかるはず…!!)

後で書きますが、この方は特定領域についてEYパートナークラスも舌を巻くほどの知見を持っています。もしかしたら案件を推進する立場というより、特定領域におけるアドバイザー的な立ち位置での採用だったのかもしれません。

それでロジック的な部分よりも経験や知見を優先して評価していたのかも。
(ま、私が聞いた範囲でなので、実際はもっとしっかりと回答していた可能性もあります)

ケース問題:物流業界の課題についてのディスカッション

面接官
面接官

今EYで物流業界の××投資についてリサーチしているんですが、大企業の場合、財務諸表を踏まえて、どの部分を確認すべきでしょうか?また、財務諸表に記載していない部分はどう調査すべきでしょうか?

過去に物流主要大企業の有価証券報告書をexcelに落として、保険金、助成金、補助金、資産除去債務という勘定科目がどう決算書に計上されているのか。キャッシュフロー計算書との関係を相関分析したことがあります。
その結果×××

転職者
転職者
面接官
面接官

では、中小企業について、財務諸表は一般的に公開されていないことを踏まえて、中小企業の投資の考え方でこうではないかという仮説をどう立てるべきでしょうか?

〜この後もしばらく応酬〜

という感じで、一次面接同様、さながらエキスパートインタビューみたいな面接だったようです(笑)

もちろん選考突破。そして内定!

EYSCの転職に強い転職エージェントTOP3

EYSCの転職に強い転職エージェントTOP3

この方はだいぶ特殊な経歴の持ち主でしたし、リファラル採用でしたので転職エージェントは使用していなかったみたいですが、私は基本的には転職エージェントを使用することをおすすめしています。

面接で落ちてからやっぱエージェントを使っておけばよかった・・・となっても遅いですからね。無料で利用できますし、後悔しないよう転職エージェントは使用しておきましょう。

カラクリ
カラクリ

EYSCへの転職に強い転職エージェントTOP3

ランキング 1位 2位 3位
エージェント名 アクシスコンサルティング JACリクルートメント コンコードエグゼクティブグループ
アクシスコンサルティング JACリクルートメント コンコードエグゼクティブグループ
総合型/コンサル特化型 コンサル特化型 総合型 コンサル特化型
得意な領域 総合・IT系
(戦略系も少し実績あり)
総合・IT系 戦略系
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント 株式会社コンコードエグゼクティブグループ
設立 2002年4月 1988年3月7日 2008年
公開求人数 非公開 15,000 非公開
非公開求人数 全体の77% 全体の60% 非公開
料金 無料 無料 無料
無料相談申し込み
【アクシスコンサルティング】 の無料相談に申し込む
【JACリクルートメント】の無料相談に申し込む
【コンコード】の無料相談に申し込む

転職準備を入念に行い確実に面接突破を目指そう

EYSCの二次面接までの選考体験は以上です。

よければ他の選考体験記事も読んでみてください!

≫参考:コンサル転職選考体験記の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。