【転職|選考体験談|20代】スカイライトコンサルティング|二次面接

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【転職|選考体験談|20代】スカイライトコンサルティング|二次面接

スカイライトコンサルティングへ転職活動をした方からお話を伺えたのでまとめます!

転職者のプロフィール

転職者

転職者
  • 当時の年齢:20代
  • 受けた時期:2020年頃
  • 最終学歴:早稲田大学国際教養学部卒
  • 職歴:新卒で不動産会社
  • 転職のきっかけ:年収アップのため

なお、本記事は二次面接の内容をまとめています。

一次面接の内容は、下記にまとめています。

選考概要

受けた部門 ビジネスユニット
入社後の予定職位 現場メンバークラス
選考の流れ 書類選考

セミナー

一次面接(グループ面接)

Webテスト(玉手箱)

二次面接
※2次面接落ちのため、以降のプロセスは不明

二次面接の概要と結果

面接官 パートナー1名
面接内容
面接結果 選考突破ならず…

以降、上記内容を深堀します!

あと、もちろんですが、面接内容はうろ覚えの箇所もあると思うので、実際のやり取りとちょっと違う場合もあります。 ご注意くださいね。

★★報酬約4,000円/社★★
あなたの転職経験を教えてください

コンサルファームへの転職活動のアンケートに回答いただけましたら、1社あたり約4,000円お支払いいたします。
内定をもらってなくても面接まで到達していたら受け付けます。
アンケートの所要時間はたった1時間ほど。 クラウドワークスで募集していますので、以下のボタンからお申込みください!
なお、各ファーム数名のみを予定しています。興味のある方はお早目に申し込みください。

クラウドワークスの仕様で募集期限を設けていますが、枠が埋まるまでは何度も募集する予定です。
今後選考を受けた際にも再度募集ページを確認してみてください。

スカイライトコンサルティングとは

スカイライトコンサルティングとは、以下の特徴を持つコンサルティングファームです。

  • 外資系ファーム出身者が立ち上げた少数精鋭コンサルティングファーム
  • 戦略策定や組織改革から、現場レベルの業務プロセス改善やシステム導入まで様々な案件に対応
  • ブラジルでサッカー選手育成事業を開始するなど、特にスポーツ領域においてコンサルの枠を超えた事業を行っている

転職者が活用したコンサル転職エージェント・転職サービス

転職者が活用したコンサル転職エージェント

利用したエージェント:コンコードエグゼクティブグループ

コンコードエグゼクティブグループ

戦略コンサルをメインとした転職エージェントです。 スカイライトのような総合コンサルへの転職は、専門としているエージェントと比較するとそこまで強くないのですが、面接対策が手厚いのでおすすめです。

(戦略ファーム・戦略部門狙いであれば超おすすめです)

コンコードエグゼクティブグループの基本情報
書類対策/面接対策の内容
面接の過去問の内容
ファームとのコネクション
運営会社 株式会社コンコードエグゼクティブグループ
設立 2008年
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
料金 無料

ケース対策や面接対策は勿論、企業ごとの試験傾向データを惜しむことなく開示してくれるような手厚いサポートを受けることができました。悪かった点は特にありませんが強いて言えばコンサル業界以外の案件は範囲外という点で、コンサルと他の業界を並行して志望する場合にはまた他のエージェントにかけあうのがよさそうです。コンサル業界を志望するのであればまず間違いありません。

転職者
転職者

利用した転職サービス:リクナビネクスト

転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。

職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくと、あなたに興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届きます。

リクナビNEXTに無料登録する

スカイライトコンサルティングの選考の流れ

今回の転職者が受けた際は下記でした。

選考の流れ
書類選考

セミナー

一次面接(グループ面接)

Webテスト(玉手箱)

二次面接

※二次面接落ちのため、以降のプロセスは不明

記載の通り、ウェブテストは玉手箱だったそうです。

対策したい方は以下の書籍がおすすめです。

なお、出題するテストの種類は変わることもあるので、必ずエージェントに確認するようにしましょう

≫参考:【中途向け】コンサル転職のWebテスト・筆記試験対策【王道11社の種類も解説】

スカイライトコンサルティングの二次面接の体験談

面接の体験談

二次面接は以下の流れで進んでいったそうです。

スカイライトコンサルティングの二次面接の流れ

実際のやり取りを会話形式で書いていきます!

一般質問(10分)

面接官
面接官

前回の面接はどのような感触でしたか?

セミナーで理解した内容を上手に話に盛り込めなかったです。手応えはそれほどなかったので、こうして改めて場を設けて頂けて感謝しています。

転職者
転職者
面接官
面接官

志望動機を伺いましたが、前職でもやりたいことは実現できたのではないでしょうか?

御社であれば不動産の域を超えた社会貢献ができるのではと思っています。震災で助けて頂いたこの日本社会に更に恩返しをしていきたいので志望しています。

転職者
転職者
面接官
面接官

転職を決意してからコンサルについてはどのように勉強してきましたか?

大手ファームに入社した知人や先輩に直接話を聞いたり、業界に関する書籍は精読するようにしています。初期に比べてだいぶ具体的なイメージを持つことができてきています。

転職者
転職者

フェルミ推定:日本のスポーツジムの数(50分)

面接官
面接官

ではフェルミ推定を行いましょうか。先ほど身体を鍛えるのが趣味だと言っていたので、お題は日本のスポーツジムの数にしましょう。回答時間は30分でお願いいたします。

本お題のやり取りに関しては以下の記事に記載していますので、チェックしてみてください!

フェルミ推定|例題|日本のスポーツジムの数(スカイライトコンサルティングで出題)

逆質問

顧客・社会に対してどのように貢献していきたいと考えていらっしゃいますか?

転職者
転職者
面接官
面接官

戦略の立案から実行までを支援するプロフェッショナルとして自らの仮説思考やサービスを存分に還元していきたいと思っています。当ファームは他にないユニットの組み方をするので新たなアイディアが生まれやすく、それをクライアントに提案するにはうってつけの環境が整っていますね。

社長はどのようなマインドでいらっしゃいますか?

転職者
転職者
面接官
面接官

成長を強く志向する会社をターゲットにコンサルを行い、事業へは投資や経営を行うハイブリッド的な思考を持っています。また、グローバリゼーションは常に意識してスカイライトの独自事業を社員と育むことを大事にしています。

ということで二次面接はお見送りに・・・

面接を受けた感想

エージェントを介して見送りとなった理由を教えて頂ける企業もありましたが、スカイライトは非開示でした。そのため自分で感じたままの理由付けしかできませんが、恐らく”何故スカイライトか”が弱かったような気がしています。今思えばスカイライトの選考はある程度面接慣れしてきた頃、そして他社の選考が佳境を迎えていたということもあり、よくいえば「板についた回答」、悪く言えば「使い回した回答」で面接に臨んでしまっていたのかもしれません。

転職者
転職者

スカイライトコンサルティングへの転職に強い転職エージェントTOP3

転職エージェントTOP3

私は難易度の高いコンサル転職においては転職エージェントを使用することをおすすめしています。

面接で落ちてからやっぱエージェントを使っておけばよかった・・・となっても遅いですからね。無料で利用できますし、後悔しないよう転職エージェントは使用しておきましょう。

カラクリ
カラクリ

スカイライトコンサルティングへの転職に強い転職エージェントTOP3

ランキング 1位 2位 3位
エージェント名 アクシスコンサルティング JACリクルートメント コンコードエグゼクティブグループ
アクシスコンサルティング JACリクルートメント コンコードエグゼクティブグループ
総合型/コンサル特化型 コンサル特化型 総合型 コンサル特化型
得意な領域 総合・IT系
(戦略系も少し実績あり)
総合・IT系 戦略系
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント 株式会社コンコードエグゼクティブグループ
設立 2002年4月 1988年3月7日 2008年
公開求人数 非公開 15,000 非公開
非公開求人数 全体の77% 全体の60% 非公開
料金 無料 無料 無料
無料相談申し込み
【アクシスコンサルティング】 の無料相談に申し込む
【JACリクルートメント】の無料相談に申し込む
【コンコード】の無料相談に申し込む

転職準備を入念に行い確実に面接突破を目指そう

スカイライトコンサルティングの二次面接の選考体験は以上です。 よければ他の選考体験記事も読んでみてください!

≫参考:コンサル転職選考体験記の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。